2007年07月12日

防災・防犯グッズ専門店

果たして天ぷら火災は消火できるのか?

天ぷら油による火災は火災の出火原因でも高い割合を占めています。
特に水を掛けてしまったり、鍋を動かしたり、座布団を掛けたりと、間違った消火法を取って、負傷をする方もかなり多いようです。

では、もし天ぷら油に火が移ってしまったら?

今回は、そんなときのために開発された商品を実験です。

さっそく投入。

お鍋に天ぷら油を入れ加熱をしました。油の温度が上がってきたところで油に点火します。激しく燃える火。天ぷら油火災の怖さを実感します。

燃え盛る火の中に、消火剤を投入!

投入した瞬間、一瞬火が強くなり思わずのけぞりましたが、すぐに火が見えなくなりました。

その後、もくもくと煙だけが出て、カルメ焼きの様に油が固形化/不燃化して鎮火です。(約5秒ぐらいで鎮火しました。)

1本で700ccの天ぷら油火災の初期消火に使えますので通常の家庭での天ぷら火災でしたら1本で充分消火できます。

鍋に残ったカルメ焼き(モドキ)は洗えば綺麗にとれました。





ラベル:防災 防犯
posted by 織田慎太郎 at 07:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。